ポルトガルの
コルク

コルクとは何ですか?

コルクはコルクのオークから剥がされた樹皮です。コルクは地中海沿岸に育つコルクオークの樹皮で、そのほとんどはポルトガルで収穫されています。ポルトガルの気候はコルクの成長のための理想的な環境であるため、ポルトガルコルクは最高品質であると言われます。
コルク樹皮は、樹齢20年で成木となり寿命の樹齢200〜300年の間に、伐採することなく9年周期で収穫されます。

成木になって初めて収穫されたコルクは、バージンコルクで表され、第2の収穫は第2のコルクで、3回目以降に収穫されたコルクは良いコルクとして表現されます。バージンコルクと第2コルクは、樹皮の不均一性のためにワインプラグとして使用することはできませんし、硬く、壁や床などの建築材料として使用されています。
3回目以降に収穫されたアマディアコルクは、最も需要の高いワインプラグを打ち抜き、残りの破片を捨てることなく副産物を生産するために使用されます。

環境に優しい素材としてのコルク

コルクはブナ科に属しているケルクス属のオークのコルクの樹皮であり、ポルトガルが主な生産地域である地中海沿岸に沿って育ちます。
樹齢20年になると胴の直径が20cmになり、1回目の剥ぎ取りを行います。9年ごとに剥がして加工した後、さまざまな用途に使用され、切らずに約250年前まで収穫できます。
コルクの森は南ヨーロッパの砂漠化を防ぎ、イベリアの山猫などの希少種を含む動植物の生態を支え、コルクのオークのドングリもイベリアの豚の餌になります。
コルクの森は、地球温暖化防止にも大きく貢献しています。皮をむいたコルクの木は、二酸化炭素を通常の3〜5倍吸収します。ポルトガルのコルクフォレストだけでも、年間480万トンの二酸化炭素、地中海全体で1,400万トンの二酸化炭素を吸収すると言われています。
コルクは木を伐採せず、すべての素材を使用し、地球温暖化防止に役立つため、環境にやさしい素材と言われています。

コルクについてのさらなるお話

コルク(木栓)は、コルク樫の樹皮のコルク組織を剥がして作った柔軟な素材で、空気が多く柔らかくなっています。
コルクはもともとコルクオークの樹皮です。コークオークは地中海性気候を好み、南ヨーロッパと北アフリカに分布しています。イベリア半島とイタリアでコルク生産のために栽培されています。
主な生産地域はポルトガルで、世界の生産量の約52%を占めています。また、スペイン(29.5%)、イタリア(5.5%)、アルジェリア(5.5%)、モロッコ(3.7%)、チュニジア(2.5%)、フランス(1.1%)でも生産されています。世界のコルク林面積は約228万ヘクタールです。
内訳は、
ポルトガル(32.4)
スペイン(22.2%)
アルジェリア(18.2%)
モロッコ(15.2%)
フランス(4%)
チュニジア(4%)
イタリア(4%)
です。

また、コルクオークは、コルク層の採取だけでなく、砂防林としても植栽されています。
生物学の歴史の中で、ロバートフックはコルクの断面を観察し、多くの小さなチャンバーを見つけてセルと名付けました。これは後に「細胞」という用語として使用され、細胞発見の材料としても知られています。

歴史の振り返り

コルクは、紀元前550年頃にすでに中国で知られていたと言われています。
古代ギリシャとローマ時代には、数種類のコルク道具(漁網のフロート、瓶のふた、履物)としてすでに使用されており、コルク生産国の建物では、何世紀にもわたって家の床や屋根にコルクボードが使用されてきました。
16世紀のガラス瓶の登場により、17世紀にはコルクの需要が急増しました。
そして、1760年にスペインでは、コルクの大量生産のためにコルク木の栽培が始まりました。
日本では、江戸時代末期に他国から持ち込まれた洋酒に使用されていたコルク栓が再生され、点眼剤として使用されたときにコルク加工が始まったと言われています。
明治初期には競馬が盛んになり、高品質の馬を西洋から輸入する際に蹄を保護するために使用されていた大量のコルクを使用して推進されました。
事業開始当初は、海外から輸入したコルク栓を加工し、航空機の燃料タンクのフロートや兵士の水筒に使用していました。
以来、ビール王冠用のコルク栓やガラス容器の開発・製造を始めています。

世界最高の国、ポルトガルのコルク

ポルトガルは日本の約4分の1の面積を持つ小さな国です。ラテンアメリカの人口は約900万人です。起伏のある丘や尾根がたくさんある国で、首都のリスボンは「七つの丘の町」とも呼ばれています。
リスボン市内には、ポルトガルならではの藍色のタイル張りの外装「アズレージョ」がさまざまな建物に並び、古くから人々に守り受け継がれてきた街並みが残っています。

コルク生産で世界一

ポルトガルは何が有名ですか?鉄砲伝来の国です。
ポルトガルは世界で最高のコルク生産をしています。
コルクといえば、ワインストッパーを考える人も多いと思います。ポルトガルはおいしいワインをたくさん生産しています。近年、スクリューキャップの商品が増えていますが、ほとんどがコルク栓を使用しています。ワインを守るコルクは、ポルトガルで最も優れた製品です。

世界の生産量の約52%(約31万トン)がポルトガルで生産されています。そして、コルクを収集するコルクオークは、世界の25%以上がポルトガルにあります。その規模は220万ヘクタールです。驚異的な数で想像するのは難しいですが、ポルトガルで最大のエリアの1つであるアレンテージョ地方には、非常に多くのコルクオークがあります。高速道路を走ると左右にコルクオーク!と言っても過言ではありません。

コルクオークはポルトガルとスペインで最高の気候と言われています。夏は暖かくて乾燥していて、日照時間が長く、十分な降雨や湿度があっても土壌が良いのは理想的な状態のようです。コルクのほとんどはアレンテージョ(Alentejo)とアルガルヴェ(Algarve)から来ていますが、北部にも多くの製粉所があります。

コルクオークは、世界の地中海沿岸の7か国でのみ栽培されています。ポルトガル、スペイン、フランス、イタリア、モロッコ、アルジェリア、チュニジアで、コルクフォレストの面積が最も大きいのがポルトガルです。
ポルトガルのコルクオークの森の面積は世界の約30%です。コルクの生産シェアは世界の約50%です。さらに、コルク製品の約75%が製造されています。
つまり、コルクは生育する近隣諸国から原料としてポルトガルに集められ、製品化されてポルトガルから輸出されています。ポルトガルにはコルク製造の高い技術があると言えます。

コルクの森を守る取り組み

歴史と産業を注意深く維持し継承するポルトガルは、コルクの森を保護し、コルクのオークの森を厳格に管理するための多くの法律を制定しました。
傷つけたり、切ったりすることは禁止されています。樹木は6メートル間隔で植えられ、防火堤も作られています。森では新しい建物の建設も禁止されており、良質のコルクを生産するために、コルクの木またはコルクの森はそれぞれ法律で保護されています。
このように、ポルトガルでは、長期にわたって高品質のコルクを生産し続けるために、全国のコルク林を守る体制を整えています。

コルクは日本製ですか?

四季のある日本では、樹皮が厚くならず、良質のコルクは収穫できません。コルク製品は、世界で最高品質と言われている100%ポルトガルのコルクを使用しています。
品質の良いコルクは樹皮の中心なので、樹皮が厚くなければ収穫できません。
地中海沿岸に吹く西風(熱風)から樹皮を厚くすることで、良質のコルクを収穫できます。

コルクはポルトガル国外のどこで生産されていますか?

コルクは、スペインや中国などの地中海沿岸地域でも生産されています。
最高品質のコルクはポルトガル産です。

良いコルクとは?

高級コルクは主に軽量コルクと言われています。
収穫された樹皮の湿ったコルクと外側と最も内側の樹皮は、硬くて重い材料です。

コルクの主な用途は何ですか?

コルクは、ワイン、ウイスキー、焼酎などのコルク、コルクのおもちゃや床材、コルクコースターなどの家庭用品、重電機器のガスケット、ロケットの断熱材など、幅広い分野で使用されています。
コルクは天然素材ですが、合成品と同じ特性を持っています。

コルクの耐熱性は?

コルクは木の一種なので、直接火をつけると焦げてしまいます。
間接熱では、炭化は約80度~100度で始まりますが、断熱効果は続きます。

コルクには有害物質が含まれていますか?

コルクは天然素材ですので、有害物質を含みません。
コルクシートなどに使用される接着剤も厳選し、環境にやさしい素材を使用しています。

ポルトガルコルクのさまざまな用途

コルクは、ワインの栓や建物のインテリアや生活必需品だけでなく、様々な分野で活躍しています。

宇宙産業

宇宙船の断熱材として活躍。高い断熱性に加えて、超軽量は宇宙産業での成功の鍵です。

自動車産業

エンジンミッションやガスケットにも使用されています。これは、高いクッション性と耐久性を備えたコルクのユニークなアプリケーションです。

建設/断熱

防振材として使用されています。橋や建物のコンクリート接合部、空港や鉄道の防振装置として大型のコルク材が使用されています。

ファッション

衝撃吸収性を活かし、靴やサンダルに使用されています。コルクスーツなどの洋服も作れます

その他

花火、フロート、おもちゃ、キッチン用品など、コルクの特性を生かして様々なシーンで使用されています。

コルクは非常に環境にやさしい素材です。

コルクオークと呼ばれる木の樹皮を丁寧に剥がして作った天然素材。普通の木材に比べて腐敗しにくく、寿命が長いので、ワインストッパーとして使用されているのがわかります。断熱性に優れているため、鍋などの食器にも使用されています。別の利点は、それがさまざまな材料よりも軽いことです。

こんなコルクですが、樹皮は30年くらいから収穫できます。たとえば、20歳の若い男性がコルクオークを植えた場合、実際にコルクを手に入れるのは子供の世代です。さらに、9年に1回だけ同じ木から採取されるように管理されています。毎年同じ木からコルクを収穫することは決してできません。木に数字が書いてあり、例えば8の場合、2018年に回収されたもので、次の回収は2027年以降となることを意味します。コルクオークは200年と長寿命で入手可能ですので伐採をしない原材料として、環境に配慮した商品として近年注目されています。

近年、コルクを使ったファッショングッズが増え、長く使えるアイテムとして人気が高まっています。 特にヨーロッパではすでにコルクがファッションに取り入れられており、「コルクファッションウィーク」が開催されています。

持ち歩きに便利でシンプルなショルダーバッグ

多くの土産物店にはコルクの商品が並んでいます。
ポルトガルのコルクの輸出の約70%は、米国、英国、ドイツ向けです。 ここ数年、工業製品以外の汎用品も拡大しているため、海外でもコルクの需要は増えると見込まれます。

メガネケース、コースターなど

自然の恵みで丁寧に収穫されたコルク。
バッグやアクセサリー、インテリアグッズなど、ぜひ使っていただきたい付加価値の高い環境にやさしいアイテムです。